お一人おひとりが「光り輝き」「笑顔がひとつ増える」お手伝いをさせていただくことが、私たちの使命であると考えます。

そのひとつとして、一人一人にあったリハビリをリハビリ事業所と協力して行っています。

 

ある方は、入所されたときは車いすでした。

月・水・金のリハビリをがんばって行っており、今では施設内を自立歩行されています。

ご本人も毎回リハビリ後には、

「リハビリがんばったよ」

「公園まで歩いて行ったよ」

と、誇らしげに話されます。

 

「自分でできるようになったよ!」

と、できることが増える喜びや、もっとできるようになりたいという前向きな姿勢も見られ、支援する側としても嬉しいかぎりです。