利用者の中には、お金の管理が難しい方もいらっしゃいます。

持っているとつい使ってしまう。月々の様々な支払いを把握できない、支払えない。

または月々の返済があるけれど自分では返す目途が立てられない。

そういう方は、日常生活自立支援事業を利用して金銭管理をお手伝いしています。

毎月必要なお金を一緒に考える。

お金を預かり、毎週ごとに必要分をお渡しする。

返済の目途がたったり、生活の目途が立ったりすることで心配が減ります。

そうすることで生活を楽しんだり、お仕事をがんばったりできると思うのです。