ほたるの杜県庁南では新型コロナウイルス感染防止の取り組みとして以下のことを行っています。

●スタッフの健康チェック(出社時の検温)や手洗いうがい、手指消毒の徹底

・体調不良の場合は勤務できないことや勤務開始前に体温が37.5℃を超えている場合は勤務せず自宅にて安静にするように指示しています。

●スタッフ全員に消毒液を配布し、施設外でも手指消毒を推奨

●スタッフ・利用者のマスク着用の強化

・病院受診や外出から帰ってきたときにはマスクを交換

・浸け置き消毒をして洗濯

●施設内の消毒の実施

・よく触れる所を中心に消毒液で消毒を1日3回行っています。

●食事時のソーシャルディスタンスの確保

●不要不急の外出・面会の原則禁止

●必要最低限の病院受診

●定期的な換気の実施

●来訪者の検温の実施

 

また、ほたるグループでは安全委員会を設立してコロナの状況の変化に合わせて対策を練り直しています。